働き盛りからのスタート|バリスタの学校で資格を取得してプロに

プロに学ぼう

珈琲

バリスタになりたい人は、専門学校に通って夢を実現することが出来ます。バリスタの専門学校では、現役で活躍しているプロの先生が所属していますので、プロの指導を受けられます。

自分のペースで

コーヒー

働きながらバリスタの勉強をしている人の中には、週末を利用して通う事が出来る学校が選ばれています。現役で活躍しているプロの先生に集中的に教わることで、短い期間でもバリスタの技術を習得することも出来るのです。こういった学校は、通常の専門学校などと同じように体験レッスンを受けられますし、学校説明会も定期的に行われていますので、入学するにあたっての疑問や質問などが出来ます。また、バリスタ以外でも料理や製菓に関する授業を行なっていることもありますので、自分が好きなコースを選択することも出来るのです。また、これからカフェなどのお店をオープンさせる人でも利用すると、経営ノウハウや調理器具などの材料をそういった方法で手に入れるかなどを教えて貰えます。初めて開業をする人でしたら、こういった知識や経験が浅い場合があります。ですから、こういった学校で学ぶ事で、お店をオープンしたあとでスムーズに営業を行う事が出来ます。働き盛りからのスタートでも遅くはありません。


社会人になってから本当にやりたいことが見つかる人もいますが、10代のうちにやりたい事が明確に持っている人もいます。明確に目標を持っている人は専門分野が学べる高校に進学すると良いでしょう。高校在学中に専門資格と取得することも可能ですし、資格取得に向けての試験対策も同時に行なっています。多くの場合、高校を卒業してから専門学校に入学するので、高校のうちに専門分野を学べる学校に通っていれば、他の人よりも早くプロの世界で活躍するチャンスをつかめます。

早い段階で決めている

お店

将来パテシエなどの製菓職人になりたいと早い段階から決めている人は、製菓を専門的に学ぶことが出来る高校に進学すると良いでしょう。そこでは、プロの先生や最新の設備が完備されていますので、しっかと学べます。

学校でも独学でも

お店

バリスタになるために、特別な資格は要りません。しかし、バリスタとして働きたいのでしたらコーヒーに関する様々な知識が必要ななります。そういった知識を習得をして試験に合格すれば、バリスタとして認定されます。